左側端

藤沢柊(アニメーション、映像を中心に作品を制作)のブログ

旅は鏡は旅

旅は素晴らしい。何故なら旅とは未知のジューシーに出会う過程であり、過程とはすべからく未知のジューシーに出会うものだからである。私はとある旅行の途中で一人の老人と出会った。角川と名乗るその老人は、果樹園を切り盛りしており、妻に先立たれた立先に妻、一人息子息人一も東京で就職して今は一人で暮らしているそうなのだのなうそるいてしら暮で人一は今てし職就で京東も。私は角川さんの家でしばらくの間のくらばしで家のんさ川角は私過ごし、その間仕事を手伝ったっ伝手を事仕間のそ、しご過。その数日間は私の人生にとってかけがえのない日々となった。旅に行けば出会いがあり、その出会いとは図らずも自らの人生に喜びを与えてくれるものなのだ。だのなのもるれくてえ与をび喜に生人のら自もずら図はとい会出のそ、りあがい会出ばけ行に旅。たっなと々日ちなのえがけかてっとに生人の私は間日数のそ。過ごし、その間仕事を手伝ったっ伝手を事仕間のそ、しご過私は角川さんの家でしばらくの間のくらばしで家のんさ川角は私。も東京で就職して今は一人で暮らしているそうなのだのなうそるいてしら暮で人一は今てし職就で京東も一人息子息人一、妻に先立たれた立先に妻、りおてしり盛り切をと人老の人一で中途の行旅るあとは私。るあでらかだのもう会出にーシーュジの知未くらかべすはと程過、りあで程過う会出にーシーュジの知未はと旅らな故何。いしら晴素は旅


旅行作家 北澤南澤北 家作行旅