左側端

藤沢柊(アニメーション、映像を中心に作品を制作)のブログ

「チー鱈学院付属かまぼこ大学卒業論文」

 

『デビューソングにおける歌い出しと歌手のイメージの関連性』

 

歌手にとって歌は血であり骨である。すなわちデビューソングとは赤ん坊が生まれて初めて発する言葉に等しい物ではないだろうか。「名は体を表す」とよく言うが、人が初めて発する言葉もまた、その後の人間性を左右する重大な物になり得ると私は考える。つまりデビューソングにおける歌い出しの言葉や文章はその後の歌手のイメージに大きく反映されているはずなのだ。喜多方豚骨大学の旭川師宣教授は時代やジャンルを代表する歌手のデビューソングを遠心分離器にかけ、各歌手のデビュー曲の歌い出しとその歌手のイメージの関連性を見つける実験を行った。私は夏季休暇を利用してその研究に参加させていただいた。旭川教授やプロジェクトメンバーの下で研究は着々と進められ、もう少しでデビュー曲の歌い出しと歌手のイメージの関連性の値が求められようとしていた矢先、旭川教授が失踪した。そこから間もなくして教授が遺体で発見されたという報せが我々の元に届いた。教授はその前日未明に宗谷岬の断崖から身を投げたのだ。プロジェクトメンバー達とその事実を知った私はひどく狼狽した。確かに困難な研究だったが光は見えていた。答えはすぐそこまで求められていたのだ。

教授は責任感が人一倍強く、また人一倍自分を追い込む人間だった。教授の自死に疑問を持つ者は誰もいなかったが、誰もが我が肉親を失ったかの如く涙を流した。

我々プロジェクトメンバーは葬儀の数日後に教授のご家族のご厚意で自宅に招かれ、遺品の整理を手伝わせていただいた。そして私は旭川教授の頭脳とも呼べる書斎に初めて足を踏み入れ、デスクの上に置きっ放しにされた一枚の紙を発見した。そこにはこう書いてあったのである。

 

松田聖子ー白いヨットの影 渚を滑り 入り江に近づくの

山口百恵ー陽に焼けたあなたの胸に眼を閉じてもたれてみたい

沢田研二ー風に向いながら皮の靴をはいて

森進一-死んでもお前を離しはしない

藤圭子ー私が男になれたなら 私は女を捨てないわ

サザンオールスターズーラララ…砂混じりの茅ヶ崎 人も波も消えて

SMAP-素敵な夢を見させておくれ

吉田拓郎ーこれこそと信じれるものがこの世にあるだろうか

中森明菜ー砂の上 刻むステップ ほんの一人遊び

井上陽水ー父は今年二月で六十五 顔のシワはふえてゆくばかり

(アンドレ・カンドレ-一緒に行こうよ 私と二人で愛の国)

奥田民生ーとなりの席ではフケた男が さんざんからんで人生語る

松たか子ー走る君を見てた 白いボール きらきら

北島三郎ーあの娘いい娘だ こっち向いてくれ キュ キュ キュ キュ キュ キュ

小沢健二ー上昇する気温のせいでロードショーは続き不安と第6感について君もきっと感づいている

岡村靖幸ー明け方の NEWS SHOW 言葉だけ満ちてる

久保田利伸ーLady 傷ついた足音は 強がりのストライド

藤井隆-自分よりツイてない 誰か見て安心かい?

ゴダイゴーYou wake up in the morning 

RCサクセションー宝くじは買わない だって僕は お金なんかいらないんだ

THE BLUE HEARTS-ドブネズミみたいに美しくなりたい

風ーあなたに「さようなら」って言えるのはきょうだけ

郷ひろみー君たち女の子 僕たち男の子 

キャンディーズーあなたが好き とっても好き 

小泉今日子ーいつもあなた通る道で 今日もあいさつするだけなの

石川さゆりー想い出します かくれんぼ 日暮れ近づく 露路の道

吉幾三ー俺は田舎のプレスリー 百姓のせがれ

ちあきなおみー雨の降る夜はなぜか逢いたくて

くるりー東京の街に出て来ました あい変わらずわけの解らない事言ってます

ザ・タイガースーぼくがマリーと逢ったのは さみしい さみしい 雨の朝

キリンジーあぁ君は月明りと はしゃいでるマーメイドさ

エレファントカシマシー溜め息ばかりついてたら 何もできないさ

PUFFYー北京 ベルリン ダブリン リベリア 束になって 輪になって

 

 

それは教授が独自に導き出した研究の重要な資料であった。まさしく時代を代表する歌手のそのデビュー曲における歌い出しが書き綴られていたのである。素晴らしかった。あまりにも天晴れな学問の一つの到達点がそこにはあった。無論、その後私がすぐさま書斎を飛び出して仲間達にその紙の存在を伝えたことは言うまでもない。